米・食味分析鑑定コンクール:国際大会

 いよいよ、明日は第13回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会の最終審査が群馬県の川場村で開催されます。当園のお米も出品総数3,071検体のうち、上位40位に入っており審査員の実食による最終審査にノミネートされました。その結果上位10位までが金賞として表彰されます。当園では過去にも3回の金賞をいただいておりますが、今大会もどうか金賞に輝けますよう、皆様のご声援宜しくお願い致します。審査状況、結果は分かり次第アップ致します。それでは行ってきます。和仁 剛

輸出の勉強をしました。

11月9日に岐阜にて農産物の輸出に関しての勉強会がありました。講師は香港貿易発展局の日本主席代表で岐阜県出身の古田茂美氏です。香港貿易の実態を詳しく教えて頂き、私共のような零細農業法人でも海外に向かって可能性があるという話に心躍るような気持ちになりました。田舎の農業者が海外に目を向けるとは、えらい時代ですな。とにかく頑張ろう。和仁 松男

s-香港貿易2.jpg s-香港貿易3.jpg

ぎふクリーン農業に認定されました。

11月7日にぎふクリーン農業生産者として登録されました。これからも安全、安心な農産物の生産は勿論のこと、環境保全農業に取り組んで行きたいと思います。和仁松男
s-ぎふクリーン認定証.jpg

北の国から~2011~

先日、お米の全国コンテスト『第1回 米-1グランプリ in らんこし』に出品しましたところ、見事予選を突破し本戦出場決定の吉報を受け、行ってまいりました北海道は磯谷郡蘭越町へ。
飛行機、電車を乗り継ぎ、片道ほんの12時間ほどかけて(笑)
昆布駅.jpg 駅周辺.jpg
写真は到着駅、および駅周辺の風景です。なかなか栄えております(笑)

大会の方はといいますと、一般公募で選ばれた審査員の方々が実食にて審査され、各ブロックごとにトーナメント方式で勝ち上がり、グランプリ1点を決めるとゆう方式で、我が和仁農園のお米は一回戦、準決勝、決勝へと順調に駒を進めました。
審査員.jpg トーナメント表.jpg

会場では一般の方々も出品された各お米の試食ができ、また、お米に関する沢山のイベント等も催されており、各メディアも含む多くの地元の方々も来場されていました。
食べ比べ.jpg 会場.jpg

いよいよ決勝! 結果はといいますと・・・
残念ながらグランプリは地元蘭越町のお米『ゆめぴりか』に持っていかれてしまいましたが、栄えある優秀賞をいただくことができました。
表彰2.jpg 表彰1.jpg

優秀賞をいただけたことはもちろんですが、この大会、北海道の方々をはじめ、全国の生産者の方々とも交流を深めることができ、なにより遠く北海道の地に我が和仁農園のお米の名前を知ってもらうことができ、美味しさを知ってもらうことができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

今回は時間的にも場所的にもあまり余裕がある旅日程ではなかったため、北海道の毛ガニをはじめとした『幸』は何も食べる余裕はありませんでしたが、この米-1グランプリ in らんこし、また第2回、3回と続いてゆくとのことでしたので、来年こそはグランプリと毛ガニを目指して! 再び蘭越町へ参上いたしたいと思います! ☆浩太郎
002.jpg 002 (2).jpg

六次産業化法に基づく事業計画の認定

和仁農園が六次産業化の事業認定を受け、11月1日に東海農政局の森 局長より認定書の授与を受けてまいりました。計画の概要は自社のブランド米による米粉製品の開発・生産及び販売です。日本一の米粉製品を目指して頑張りますので好ご期待。
 『こめこパン』「米こめクッキー」和仁 松男

s-全員.jpg s-受賞.jpg
s-認定証.jpg

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...